『はじめてのおつかい』

投稿者: | 2004年12月3日

筒井 頼子 作 / 林 明子 絵

ものの区別が比較的はやいと思われる1歳5ヶ月の息子が(親バカちゃんです),いまのところ区別できている食べものが,

  ○ 母乳    ⇒「ばっぱ」(なんで? ”ぱいぱい”の派生語か?)
  ○ 食事全般 ⇒「まんま」(これは妥当かな)
  ○ バナナ   ⇒「ばぁっ」(たしかに”ば”から始まるのだが...)
  ○ 納豆    ⇒「なっとぅー」(アクセントは”な”にあります)
  ○ お茶    ⇒「ぱっぱっぱっぱっ」(急須から注ぐ音です。手振り付です。)

などなど。
そしてこの絵本で主役の女の子がお使いを頼まれる牛乳⇒「にゅーにゅー」です。
女の子はお母さんに「はじめてのおつかい」を頼まれます。誇らしげに出かけていくのですが,お店で声をかけてもなかなか気づいてもらえなかったり,転んで小銭を落としたりといろいろな困難に出会います。しかし最後は無事に「はじめてのおつかい」をやり遂げます。
いつの日にか彼にも『はじめてのおつかい』を頼む日が来るのでしょうが,私は家で待っている自信がありません...。

>>関連リンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA