ゆるめる

投稿者: | 2006年3月8日

2年ほど前から太極拳を学んでいます。
学生時代からの『武術・武道』好きと趣味で勉強している『身体論』。
私の計算によると、
 『武術・武道』+『身体論』=『太極拳
となったわけです。
日本では”健康体操”と認識されておられる方が多いかと思います。
もちろんそういう面もありますが、やはり太極拳は”武術”です。
また、中国の長い歴史のなかで多くの人々の手によって育てられた
”文化”でもあります。

私なりの理解ですが、太極拳の真髄は”ゆるめる”ことです。
「力を抜けばいいんでしょ」と簡単に思っていましたが、2年たったいまでもできません。
私も含め多くの人は自分の体に力が入っていることに気づけません。
この”ゆるめる”ことができなければ、どんなに套路(空手でいう型のことです)を覚えても
強くなれません。
太極拳は相手の力をゆるんだ体で吸収してから切り返す化勁という技が基本です。
固まった身体では化勁できません。
究極の”ゆるみ”ができるようになるのは、10年、20年かかるのかもしれませんね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA