理科実験その4

投稿者: | 2006年6月1日

小学生の生徒さんとの理科実験第4弾。
備長炭電池、フランクリンモーター、スライム作りに続いて今回は『電気パン』を作ってみました。
参考にさせていただいたのは、こちらのサイトです。

http://www.morinogakko.com/classroom/rika/jikken/index.html

遠い昔、私が中学生だったころ、授業の合間にご自分の体験談を話してくださる音楽の先生がいらっしゃいました。
その先生のお話はいつも魅力的で、毎回引き込まれて聞いていました。
その中に、先生が子どものころ(おそらく昭和一桁だと思います)「木の空き箱に水で溶いた小麦粉をいれ、電気の線を差し込んでパンを作った」というお話がありました。
先生の数ある武勇伝(?)の中でも、私にはそのお話が特に印象的でした。
あれから24年。理科実験の題材を探すためにネットを検索していると『電気パン』というタイトルが目にとまりました。
「あっ!」一瞬にして当時の記憶がよみがえりました。
他の実験を検討する必要はありません。次の実験は『電気パン』に決まりです。

理屈も結果も知っていましたが、電気を流しただけで徐々にパンが膨れてくる様子は本当に感動的でした。
「湯気が出てる!膨れている!」思わず大きな声ではしゃいでしまいました。
出来上がった『電気パン』は、最高の味わいでした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA