眩しすぎるぜ!

投稿者: | 2007年10月26日

少し前の話になります。

卒業生のお母様からお電話がありました。
彼がアメフトの試合中,頚椎に衝撃を受けて入院。
一時は体が麻痺していたと。

 「でも後遺症もないし,大丈夫です。」

という言葉を聞くまでの数秒間,
私はかなり動揺し受話器を持つ手が震えました。
「話す順番を考えてください!」と思いながらもホッとしました。

後日,もりもとのプリン(日持ちしなかったんだ!ゴメン!)を持って
お見舞いに行きました。
病室を訪れると彼はベッドに居らず,おろおろしていると,
後から「先生」との声。
振り返ると,そこには立派な青年に成長した彼が立っていました。

「おう!どうした。大丈夫かいな。」

と言いながら,またまた私は動揺していました。
彼の表情,立ち振る舞いが物語っているのです。
この2年近くの間,彼がどのように生きてきたのかを。
どれだけ生き生きと充実した時間を生きてきたのかを。

眩しかった。
やっぱり若いってすごい!
こんな経験をしてしまったら,この仕事は辞められなくなります。
こんな経験をしたいから,この仕事を続けているのだと思います。

ありがとう。

眩しすぎるぜ!」への2件のフィードバック

  1. こんにちわ。
    つい2週間程前に退院した裕です。(汗
    ずっと連絡しようと思ってたんですが土日も部活の関係だったり、夜もなかなか時間ができなくお電話できずにいましが、無事退院する事ができました。連絡大変遅くなって申し訳ありません。
    入院当時はお忙しい中わざわざお見舞いにまで来て頂いてありがとうございました。プリンも母とおいしく頂きました。(笑
    今は体力もそれなりに戻ってきて、学校や私生活にも慣れてきた今日この頃です。今日から部活も始まりました。部下開始初日と言う事で軽いスポーツだけでしたが、やはり体力が相当落ちているなと実感しました。スポーツを終えて、試しにベンチプレスを上げてみたんですが・・・入院する前は1~2セット60㌔は上げれた自分が、今では50㌔1セットで軽く限界でした。かなりショックです。医者やお見舞いに来て頂いた部活のOBさん達に言われた通り、本当にまた一からのスタートになりそうです。来週から本格的に部活が始まります。来年のオープン戦までに前と同じ体力・筋力・知識・・・いや、それ以上を目指して頑張りたいと思います。
    もう冬が近づいて来ていますね。入院してた時僕的に札幌はまだ寒さはそこまで感じませんでしたが、そちらの方は今どうですか?旭川は札幌と比べ、もう本格的に寒いです。雪虫もそこらへんにうじゃうじゃ飛んでいて、今にも雪が降るんじゃないかと思うぐらいです。体調管理には十分お気をつけださい。今インフルエンザとかも流行っている様なので・・・僕は今鼻水をずるずる言わせながら気合で風邪に打ち勝とうと頑張ってます。(苦笑
    冬休みにはたぶん2週間程実家に帰れると思います。お時間があったらお会いできたらいいですね。お会いできたなら今度は男二人で周りがカップルだらけのスタバとかじゃなく、居酒屋とか行きたいですね。僕もう二十歳ですからお酒とか大丈夫ですよ。(笑
    それでわ、長々と失礼しました。
    退院の最初のご挨拶がこんな形になってしまいましたが、夜に時間があったら必ずお電話します。

    返信
  2. 山岸

    いつもありがとう。
    電話の声も元気そうで安心しました。
    なんといっても健康第一。
    無理せず,体の声を聞いてください。
    飲みに行くの楽しみにしています。

    返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA