いつか笑って話せる日が来るさ

投稿者: | 2008年1月29日

少し前の話になります。
昨年の12/30にポプラ工房の卒業生と課外授業(飲み会)をしました。
以前にも何度かブログに登場してもらってますが、彼はポプラ工房最初の生徒さん。
この日は私の仕事納めの日だったこともあり、最初からハイテンションで飛ばしました。

挨拶もそこそこに話はすぐに思い出話へ。
彼と私は本当に苦しい時期を2人で戦い抜いた戦友。
いろいろありました。

「確かに今はキツい。でもいつかきっと “今思い出したら笑っちゃいますね”
なんて酒でも飲みながら笑って話せる日が来る。必ず来る。だから頑張れ。」

そしてそれが実現しました。

「あのときの話。ホントになったな。」

そのあとの言葉が続かず、また言葉を口にすると声を上げて泣いてしまいそうで
口を開けませんでした。

彼は頻りに私に対する感謝の気持ちを繰り返すのですが、
繰り返してくれるたびに私は申し訳ない気持ちでいっぱいになっていたのです。
謙遜と言えば聞こえがいいですが、結局のところ当時私は何も出来なかったのです。
それにお礼を言わなければならないのは私の方。

ポプラ工房を立ち上げて数ヶ月。
生徒さんが一人もおらず、胃に穴が開きそうになっていたところを
彼のお母様から頂いた一本の電話に救われたのでした。

でも彼のその気持ちはありがたく頂くことにしました。

悩みながらも将来をしっかり見据えているようです。
今度会うときにはきっともっと大きくなっているのでしょう。
楽しみです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA