バディ~

投稿者: | 2008年4月3日

ポプラ工房を立ち上げた頃、
英語を教えるときになるべく正しい音を生徒たちに聞かせたくて、
自分の発音を改善する練習をはじめました。

練習はいつも夜遅かったのですが、大きな声で一人練習していました。
ある日、母音の「ア」(記号が変換できません)の練習をしていました。
bodyやboxの「o」の部分の音です。
これは指が縦に3本入るくらい大口を開けて、のどの奥で響かせます。

私は人目を気にすることなく大口を開けて練習していました。

 「バディ~(body)」 「ダクタ~(doctor)」 「バックス(box)」

正直、自分でも若干アホっぽいなぁ、と思いながら一生懸命練習していました。
すると隣で寝ているはずの妻が吹き出したのです。

 「ブブ~ッ。ゴメン!我慢できなかった。」

我慢できなかっただと!まったく失礼な奴です。

一昨日、小6の生徒さんと私と同じ教材を使って発音練習をしていました。
やはり大口で「ダクタ~」です。
照れ笑いをする彼に「笑うなー!」と怒りながら。
少しして、お母様がニヤニヤ笑いながら休憩のお茶を持ってきてくださいました。

 「先生、まる聞こえで…。笑ってしまいました。」

そうか。やっぱり人様を笑わせてしまうのか…。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA