『いつのまにかのまほう』

投稿者: | 2008年6月29日

大橋 政人 作 / 小野かおる 絵

息子の小さいころの写真と最近の写真を並べて見ていて思いました。
いつの間にあいつはあんなに大きくなったのか、と。
毎日毎日じっくり観察(動物か!)しているのに、その変化の過程を
見て取ることはできません。
ただ、
 「おい、ずいぶん重くなったな。」
とか
 「あれ、ずいぶん話しが上手くなったな。」
とか
 「へぇ~、けっこういろいろ考えているんだ。」
とか。

はじめて笑った日。
はじめて寝返りをうった日。
はじめてお風呂に入れた日。
はじめて「パパ」と言ってくれた日...。
そんな「はじめて」を重ねていって子どもは
いつの間にか大きくなっているんですね。

『いつのまにかのまほう』の「いつのまにか」は朝顔です。
お母さんと一緒に朝顔の種を植えたモモカちゃんは、
朝顔が大きくなるところを見たくてしかたがありません。
しかし、いくらじっと見たところで大きくなるところは見られません。
そこでお母さんが「なんにちかみないでいるとおおきくなるわよ」と
アドバイスします。
お母さんの言うとおりにするとビックリ。朝顔が大きくなっています。

うちのボウズも「いつのまにかのまほう」で、
どんどん大きくなっていくのでしょうね。
願わくば、そんな彼の成長をいつまでも感動できる親でありたい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA