あの星は?

投稿者: | 2008年12月28日

今日、中3の生徒さんと「天体の見かけの動き」について勉強した。
この単元は毎年生徒たちに評判が悪い。
難しい、分かりにくい、想像できない...。
しかし、そこを分かってもらうのが私の仕事。
前衛的な図による説明ではあるが、
一応に生徒たちは納得してくれる。

基礎の説明の後、
およそ1時間ほどの演習を行い
頭が沸騰したところで少し休憩。
ふと窓の外に目をやると、星が一つ光っている。

「あれは何って星だ?」
などど理科を教えている人間に有るまじきセリフをはきながら、
彼女と二人で窓から星を見上げた。
しばしの沈黙。

おそらく彼女はこの受験を最後に卒業していくだろう。
焦る余り彼女を追い込んでしまったこともあった。
でも彼女は地道な努力で着実に進歩していった。
そして今、2年前では考えられないような笑顔で
話しをしてくれる。

ほんの僅かな時間だったが、
とても大切な時間となった。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA