一病息災

投稿者: | 2009年9月20日

木曜の夜から続いた病との闘いは、

先ほどようやく終結した。(と思う)

こんなに長く寝込んだのは10年ぶりくらいか。

社会人になって2日以上病欠したことはなかったのに。

生徒の皆さんには本当に迷惑をかけてしまった。

申し訳ありませんでした。

風邪から副鼻腔炎を併発し、発熱したとの診断。

以前も副鼻腔炎をやったが、そのときは痛みは激しかったが熱は出なかった。

しかし今回は風邪が引き金になっているせいか、熱が出た。

棒でコンコンされているような頭の痛み、目と鼻の重い痛み、

虫歯のような歯の痛みに加えて発熱から来るダルさと関節の痛み。

夜はほとんど眠れない。

そんな夜が3日続いた。

頓服(痛み止め+熱さまし)が効いている間だけはケロッとしている。

「こんな状態で休んでいたら、ずる休みみたいだな。」

なんて言っていると、薬が切れて熱と痛みが襲ってくる。

それもどうやら終わったようだ。

それとも薬が効いているだけかな?

明日は授業をしたい。

授業をしないと禁断症状が出始める。

はぁ。健康のありがたさは病気をしないと分からない。

私は愚か者。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA