日曜日のお楽しみ、終わりました。

投稿者: | 2009年12月3日

息子と毎週楽しみに見ていた大河ドラマ「天地人」が、

先月とうとう終わってしまった。

淋しいなあ。

最終回の3週前くらいから、

「あと3回だね」「あと2回だね。」とカウントダウンしていた息子は、

最終回の日、私の布団で泣いていた。

「義」のない者には、相手がたとえ天下人であろうと毅然と物申すその心意気、

大切な者(主君や民)のためならば命を賭して戦う姿。

私はすっかり直江兼続に惚れ込んでしまった。

車に「愛」の旗印を掲げて走りたいくらいだ。

それにしても、戦国武将たちの健脚ぶりはすさまじいものがある。

秀吉の天下統一のあと、兼続たちは何度も越後と都を往復している。

雪山だって(現代の私たちから見れば)かなりの軽装で平気で越えてしまう。

あの頑健な身体あっての、頑強な心なのだろう。

ちょっと歩いたくらいで、「疲れたよー」だの「寒いよー」だの言っているようでは

ダメなのだ!

21日から4日連続で放映される総集編を

いまから息子と心待ちにしている。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA