“科学”と“教育”の部分はいずれ...

投稿者: | 2010年1月23日

当ブログのタイトルは「育児と科学と教育と...」だったはずだが、

もうすっかり「育児と育児で親バカか...」になっている。

職業上、もう少し受験に役立つ記事を書くべきなのだろうが...

それは授業中十分伝えているからいいことにしよう。

さて、話しは例によって息子のこと。

最近彼の「なぜ?」の範囲が広がってきた。

そのため、その「なぜ?」に答えるのがとても難しく、かつ楽しい。

先日、彼とニュース番組を見ていると小沢さんのことが取り上げられていた。

 「この人、どうしたの?」

さて、6歳の息子にどうやって説明したものか...

話の核心を外さないように気をつけながら、

余計なものを削ぎ落とし、更に息子の世界観に合わせた肉付けをして説明した。

分かったとは言っていたが、あやしい。

でも、これは授業者の私にとってよいトレーニングだ。

もっと鍛えてもらおう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA