利害関係のその先に

投稿者: | 2012年2月17日

たとえばスケートの選手があるコーチに師事したとしよう。

コーチは自身の指導プログラムで選手を指導していくはずだ。

また、選手はそのコーチの指示に従って練習をするはずだ。

ある程度選手側からの提案はあるだろうが、

基本的にはコーチのプログラムに従うだろう。

その関係が成り立つためには、共通の目標と互いに対する信頼が必要だ。

コーチは選手の中にある「可能性」を信じ、

選手はコーチの指導が自分の「可能性」を引き出してくれることを信じる。

もしもコーチが選手を信頼せず、また選手がコーチの指示に従わなければ、

その関係を継続することに意味があるだろうか。

 

指導者は最後まで選手を信じぬかなければならない。

そしてそれを受ける選手には素直な心が求められる。

「なあなあ」は許されず、ある意味厳しい関係だ。

親子関係とも友人関係とも異なるこのつながりを

私はとても素敵な関係だと思う。

利害関係のその先に」への2件のフィードバック

  1. こーたん

    お久しぶりです。娘さん、退院おめでとうございます[E:happy01]
    私は、試験の真っただ中ですが
    「ラポール=治療者と患者様の間で信頼関係を築くこと」
    という内容を、どの科目でも学び、取り上げられます。
    そのことに今回の記事は似ているな…と思いました[E:wink]
    私も素敵な関係だと思うし、目指していきたいところです。
    追伸:先生のブログに書かれていたとおり、
        寝る瞬間まで参考書等を開いて頑張っています!
        こういう気持ちの強さにつながるキッカケを
        教えて下さった先生に感謝しています[E:good]

    返信
  2. 山岸

    お元気でしたか。
    いつも読んでくださってありがとうございます。
    私もこーたんさんに負けないように、
    寝る瞬間まで勉強しています。
    その先にあるものを信じて
    お互い頑張りましょう!

    返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA