星に願いを

投稿者: | 2012年5月1日

22日の日曜日、久しぶりに午前中から子どもたちを連れ出した。

今回は、

 余市宇宙記念館 → 余市蒸留所(ニッカウィスキー)

というコースだ。

宇宙記念館で、おもしろいこと大好き、の息子は大興奮。

宇宙実験棟「きぼう」での衣食住、3Dシアター、プラネタリウム等々。

私が特に感動したのは体重計。

この体重計に乗ると、太陽や他の惑星における体重が表示されるのだ。

ちなみに太陽で量った私の体重はおよそ1860kg。

月では11kgくらいだ。

旭川のサイパルと比べると、物足りない気がするが、

入館料を考えると十分か。

帰りに隣接しているミュージアムショップでお買い物。

息子は自分のお小遣いで買い物するつもりだったようだが、

彼の目に留まった「天体望遠鏡」は彼のお小遣いの3か月分以上。

残念そうにほかのものを探している息子を見ていた私は...

負けてしまった。

私はそう簡単に物を買い与えないが、

「必需品」と「知的好奇心を満たすもの」に限って

財布のひもがゆるくなるのだ。

その日の夜は曇っていて星を見ることはできなかったが、

昨夜は帰宅が早かったので、家の前で息子と月を観察した。

簡易望遠鏡ではあるが、クレーターがはっきり見えた。

息子も大満足。

また早く帰宅できる日があれば、こんどは木星でも探そうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA