久しぶりの村上春樹。

投稿者: | 2013年4月22日

昨日は日曜日。

いつもの日曜日。

教会に行き、

お買いものに行き、

DVDで映画を見て(今回は「メリダとおそろしの森」)、

テレビを見て、

息子にオリジナルの創作話を聞かせ、

そしてやっと読書タイム。

先週の日曜日に買った「色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年」を

やっと手に取り、そして一気に読み終わった。

久しぶりの村上春樹。

おもしろかった。でも、楽しくはなかった。

何度も針で胸を刺されるような痛みを感じた。(文中の表現)。

観客席で劇を見ていたはずなのに、

いつの間にか舞台に上がって演じていた。

そんな感覚だった。

今もまだ、胸のあたりが少し重い。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA