我が家にベルベル人がやって来た

投稿者: | 2013年4月27日

今日、我が家にモロッコからお客様がいらした。

彼は北アフリカの先住民族ベルベル人。

なんと8か国語を話すらしい。かなりのインテリ。

日本語はまだ勉強中のようだ。

おそらくベルベル語なまりと思われる英語だったが、さすがに流暢!

多言語を操る人の頭の中はどうなっているのか...

ありきたりの質問だが、日本食で気に入ったものはあるかどうか聞いてみた。

すると、かれは「カレー!」と答えた。(シャレではなく本当に。)

いやいやカレーは日本食ではないでしょ。

でも本場のカレーとも違うだろうし...

まぁ、いいか。日本食にしておこう。

納豆はやはりダメらしい。

そして「トンカツ!」...って、おいおい、あなたイスラムでしょ?

豚肉はまずいんじゃ...

そういうと、ニヤッと笑っていた。

まぁ、いいか。ここは日本だし。

もっと話していたかったが、生徒が待っている。

1時間ほどの会話はとても楽しいものだった。

私が仕事に出た後、彼の手料理、北アフリカの鍋料理「タジン鍋」を

みんなで食べたらしい。

先ほどその残りを頂いた。

実にうまかった!

名刺ももらったし、また一人、インターナショナルな友人が増えたな。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA