Bed Time Story on Sunday

投稿者: | 2013年5月9日

何度か書いているが、息子との間で欠かさないことが2つある。

1つは毎朝6:50から7:30までの”朝勉”。

もう1つは毎週日曜日の私の創作ベッドタイムストリー。

 

息子は算数や言語能力はそこそこだが、本を読むことを苦手としている。

カタカナもおぼつかない。

ずっと本を読むように買い与えていたが、なかなか読もうとしない。

さあどうする。

そこで、5年以上もの間、毎週日曜日に布団の中で語り続けてきた物語を

文字化して、彼に読ませる教材とすることを考えた。

これまで彼に聞かせてきた創作SFはかなりの数にのぼる。

これらを思い出し、再編集し、1日1枚、A4サイズに原稿化するのだ。

しかし始めてはみたものの、毎日となるとこれが結構きつい。

毎晩400字の作文を書くようなもの。

今日もようやく書き終えた。

人気作家になった気分だ。

毎朝、ものすごくうれしそうに音読してくれる息子のために、

できるだけ長く書き続けよう。

Bed Time Story on Sunday」への2件のフィードバック

  1. 山根英理子

    山岸先生、お久しぶりです。娘の高校受験の際は本当にお世話になりました。
    その後先生の親身のご指導に応えられず、何だか心苦しく思っておりました。
    久々に先生のブログを拝見し、念願(娘から聞いておりました。)だったプロジェクトに着手なさったことを知りました。
    色々と困難はおありでしょうが、どうぞがんばって下さい。
    陰ながら応援しております。

    返信
  2. 山岸

    山根先生、ご無沙汰しております。
    ゆかこちゃんはその後お元気でしょうか?
    コメント、本当に嬉しかったです。
    全くうまくいかないプロジェクトですが、
    諦めず前進していこうと思います。
    先生に読んでいただくにはあまりに酷い文ですね。
    恥ずかしいです。
    ありがとうございました。

    返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA