逆流性が鎮火し始めたぞ! ありがとう、佐藤選手!

投稿者: | 2013年9月19日

「それは明日にしよう」と言って10日以上たってしまった...

間が抜けたので、別なお話を。

今月に入って非常に印象的だった2つのこと。

ひとつ。

IOC総会での佐藤真海選手のプレゼンテーション。

私の想像など遥かに及ばない苦難を乗り越えてきた彼女の笑顔は、

すがすがしく、魅力的だった。

大切なのは失くしてきたものではなく、今あるものなのだ、

という彼女のメッセージを心に刻もう。

失ってきた「時」や今の自分が持たざる「物」を求めたところで何の意味があろうか!

ふたつ。

『自律神経を整える「あきらめる」健康法/小林弘幸』だ。

ここから私が掴み取ったメッセージは、

考えても仕方のないことは、さっさとあきらめた方がよい、

ということだ。

過去を悔やんだところで、取り返しはつかない。

誰かの理不尽な行いに腹を立てたところで、相手は変わらない。

毛が生えてこないことを憂えても、ふさふさにはならない。嗚呼...。

マイナスのイメージは根深く、執念深い。

そして交感神経を過剰に刺激し、自律神経のバランスを崩してしまう。

マイナスイメージの奴隷になってはいけない。

早々に手放してしまわなくては。

最近、心にマイナスイメージが湧くと、佐藤真海選手の笑顔が浮かぶ。

「いま持っているものが大切。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA