子どもたちはみんな表現したがっている

投稿者: | 2013年12月26日

小5の生徒と作文を勉強しています。

様々なお題で書いてもらってきましたが、1枚書くのがやっと。

そこで、

「連続SF小説『タイムマシーン』とう題で書いてみて。」

と言ったところ6枚書き上げました(数日に分けて書いたものですが)。

書いている姿はまるで売れっ子小説家。

声を掛けにくいほどの集中ぶり。

表現したいものは彼の中にあった。

それを引きだせなかった私の技量不足。

文法や技術的な部分はこれからでしょう。

大事なのは勢い。走る筆。作文用紙を食い入るように見つめる眼差し。

うれしい~。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA