いい年をして、尾崎の歌のように。 

投稿者: | 2014年10月5日

自由に生きたいと願う。

でも、それが一番難しい。

年を取りながら一つずつ「ねばならない」を捨ててきたが、

人一倍「ねばならない」に縛られてきた私は、なかなか自由になれない。

残された時間で、自分を解放することができるのか。

子どもたちに自由に生きてほしいと願う。

でも、世間がそれを許してくれない。

出会った子どもたちに「生き方は何万通りもあるよ」と言っても、

なかなか信じてくれない。

あたりまえだ。そういう私が自由に生きていないから。

それがもどかしい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA