あせらないで、ゆるまないで

投稿者: | 2015年10月8日

子どもの頃から健康に自信のない私は、常に身体のどこかが痛い。

身体の不調や体力の衰えで年齢を感じる、という話をよく聞くが、

若いころから健康でもなく体力もない私は、

いまも当時の身体感覚と、そう変わらない。(老眼は始まったが…)

しかし、そんな私が「おれも年とったんだなぁ」と強く感じる瞬間がある。

それは、子どもの成長を感じたとき。

そして、懐かしい人に会ったとき。

どちらも自分の時間を映し出す鏡のようだ。

その鏡に映った自分の姿を見るとき、

切なさと嬉しさが入り混じった不思議な心持になる。

年をとるのも悪くないなと思う。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA