心揺さぶられた夏

投稿者: | 2016年8月24日

今夏は高校野球とオリンピックでテレビに釘づけだった。

(とはいっても、ほとんどはニュースのダイジェスト版で見たのだが。)

想像を絶する努力の上にある、選手たちの嬉し涙や悔し涙に感動を覚えずにはいられない。

私は聞こえるはずのない声援と拍手を、涙を流しながら送り続けた。

彼らの血と汗で作り上げた船にずうずうしく乗り込んで、

ちょこっと甲子園やリオに連れて行ってもらったに過ぎない私が、

こんなにも大きな感動や勇気をもらった。

メダルに手が届かなくたって、期待された色じゃなくたって、

謝らないで欲しいと思った。

 

一生懸命な姿は人を感動させ、引きつけ、生き方すら変えてしまうこともあるのだろう。

たとえ目標に到達しなくても、その姿が人の心を動かすのだと思う。

成し遂げたことや手にしたものだけでなく。

それは「在り方」と表現するべきものなのかもしれない。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA