国語読解問題から

投稿者: | 2016年9月6日

中3生の国語受験対策テキストで、

毎年この時期に出会う、気になる一文。

努力しても直らない欠点は、たぶんその人の最良の部分に根ざしているのではないかとぼくは思います。
(五木寛之『生きるヒント』より)

生徒と接するときにも、自分と向き合うときにも、いつも頭に浮かぶ。

救われた気持ちになるのだが…なかなかそうは思えないのだ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA