”カッチ”と切り替え

投稿者: | 2018年12月4日

集中して何かに向かうとき、

それまでの時間と区別するための儀式(ルーティン)があるといい。

例えば家庭学習を始めるとき。

「えーっと。社会でもやろっかぁ。」

とポテチを食べ中がらなんとなーく始めるのではなく、

テキスト、ノート、筆記用具を机の上にそろえて、

「よし!始めるぞ」

と声に出してみる。

あるいは”カチッ”とストップウォッチを押してみる。

モードAからモードBへと切り替える。そんな感じだ。

コーヒー好きの私は、仕事のスタートも休憩に入るときもコーヒーを淹れる。

そこそこ時間を必要とするのだが、その時間がモードチェンジの時間。

仕事に入るときは、PCの電源を入れ、コーヒーを一口飲んでから、

「よし!」

と言って開始する。

休憩に入るときは、コーヒーを淹れつつぼーっとする。

みなさんも自分なりのルーティンを考えてみてはどうだろうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA