春立つけふの風

投稿者: | 2019年2月4日

袖ひちてむすびし水のこほれるを春立つ今日の風やとくらむ

毎年立春の日に思い出す紀貫之の歌。

夏、冬、春の3つの季節をイメージさせる言葉がちりばめられていて本当に素敵な和歌だ。

暦の上では春なのだが、我が家周辺に春はまだ来ていないようだ。

今年こそは、と意気込んでスタートした2019年も既にひと月が過ぎ、

「ああ、今年もいつもとおんなじ感じかな...」

という気持ちになりかけていたのだが、いかんいかん。

時間のベクトルを過去に向けることはできないが、

90度以内なら変更可能だ。

1度でも2度でも向きを変えたいから、

今日からまた、できることを一つ一つ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA