おにぎり

投稿者: | 2019年8月19日

明日から学校が始まるというのに、娘は熱を出して朝から寝ている。この2、3日は学校の宿題を終わらせるのに大変だったようだ。さして顔色は悪くないから、知恵熱に違いない。
先ほどむくっと起きて「おにぎりが食べたい」というので作ってやった。なんの変哲もない梅干しおにぎりだが、嬉しそうに食べている。

それにしても、おにぎりは不思議な食べ物だ。ときにどんなご馳走よりも美味しく感じられる。熱があって食欲がないはずなのに、思わず食べてしまう。ごはん、塩、ノリ、そして梅干し。たったこれだけ。たったこれだけが、あの至高の味わいを生み出すのだ。

そういえば以前妻に握ってやったとき、「誰かに握ってもらったおにぎりは、やっぱりおいしいなぁ。自分で作ってもちっとも美味しくない。」と言っていたのを思い出す。そんなもんかな? いつも誰かに握ってもらう私にはピンとこなかったが、これもおにぎりを美味しくする秘密なのかもしれない。

これまでいったい幾つのおにぎりを食べてきたのだろう? みんなで楽しく食べたおにぎりもあったが、涙を流しながら食べたおにぎりもあった。
なんだかおにぎりが食べてくなってきた。いまは握ってくれる誰かがいないので、自分で握ることにしよう。シンプルに塩むすびでいこう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA