『どろにんげん』

投稿者: | 2004年10月21日

長 新太

実はこの本は息子のセレクトではなく,私のお気に入り第1位です。
妻が幼稚園の先生をやっていたため,息子が生まれる前から我が家にはかなりの数の絵本がありました。
その数ある絵本の中でこれだけのインパクトを与えてくれたものは他にありません。
「面白い」「楽しい」という次元は超越しています。
だって,泥から生まれた”どろにんげん”とタコが巨大なサツマイモを火山まで運んで焼いて食べる,それだけなんですよ。
それだけなのに,この絵本には長新太さんの優しさとあたたかさがあふれているんです。
是非ごらんになって下さい。絶対オススメです。

 favorite sentence  「うみのほうは たこです。」

>>関連リンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA