たまにテレビをつけてみると...

こんちには。ポプラ工房の山岸です。

昨日、いつもより早く仕事が終わりました。
股関節のストレッチをしながらテレビをつけてみると面白い番組が放送されていました。

「この差って何ですか?」という番組です。昨日は ”妻をイラっとさせない伝え方” のような内容でした。

はじめは面白がって見ていましたが、だんだん不快になってきました。結局うまいこと言って妻になんでもやらせようという意図がみえみえ。

家事全般、子どもの世話。 言葉で妻をいいようにコントロールしようなんて。 「お前が動けよ」と言いたくなるようなものばかりでした。

「伝え方が9割」の著者が出演し解説していました。確かに伝え方は大切です。同じことを伝えるのでも言い方ひとつで全く違った結果になります。ものを教える仕事をしている私は、日々実感しています。

でも「伝え方」に気を配ることは、こちらの都合のいいように相手を誘導することなのでしょうか? 私は逆のような気がします。

「伝え方」に気を配るのは、なにより相手の利益を考えてのこと。こちらの伝えたいことをできるだけ正確にそして気持ちよく理解してもらうこと。
どう思われます?

夫婦間においては「伝え方」云々よりも普段の関係性が問題のような気がします。円滑なコミュニケーションがとれていれば、ときに「メシまだ?」とか「簡単でいいよ」とか言ったところで何も問題が起きないのではないでしょうか。

偉そうなことを言ってしまいました。
我が家の家事のシェア、まだまだフィフティーとは言えません。ごめんなさい。

札幌の家庭教師ポプラ工房は、小学生から社会人までの学びをサポートいたします。無料体験学習実施中です。 → お問い合せ

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA