脳味噌のアウトソーシング

投稿者: | 2019年11月15日

こんにちは。ポプラ工房の山岸です。

90年代後半ごろからでしょうか。一つ一つ積み上げながら辛抱強く物事を考えることを苦手とする生徒が増えてるような気がします。知識として知っているかどうか。知っていれば解ける知らなければ解けない。

以前担当していた生徒の1人が「勉強する必要ありますか?スマホがあれば全部解決できますよね。」と言っていました。この発言は私にとって大変ショックでしたが、同時に「ん?脳味噌のアウトソーシングかぁ。それでもある程度はいけるんじゃない?」と思ったりもしました。でも、考えることをやめた人間の行先は?そう考えたとき、私の頭には”ゾンビ”がぞろぞろ歩いている映像が浮かびました。その頃からハマっていたアメリカのTVドラマ「The Walking Dead」の影響かもしれません。押し付けてはいけないと思いつつも思わず熱く語ってしまいました(何を語ったかは割愛)。めんどくさそうに聞いていた彼の顔が思い出されます。

テクノロジーが肩代わりしてくれることが増えれば増えるほど人間が試されてるような気がします。最後に人間に残っている力は何でしょうか?人間にしかできない何かはあるのでしょうか? そんなものなくてもいいのかもしれませんが。

このブログも最新のiPhoneの音声変換で書いています。どんどん漢字が書けなくなる…。

札幌の家庭教師ポプラ工房は、小学生から社会人までの学びをサポートいたします。無料体験学習実施中です。 → お問い合せ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA