面白がったモン勝ち

こんにちは。ポプラ工房の山岸です。

我が家には大人になりかけ、思春期手前、チビッ子の3人の子どもがいます(特大も一人います。)

ウチの子たちに共通しているのが、面白いことが大好き、面白がらせることが大好き。そして、どんなことも面白がることができる、ということです。

私も子どもの頃はそうだったに違いないのですが、最近は面白がるどころか不満ばかり口にしているように思います。

この数日温かったため雪はすっかり溶けてて春のようでしたが、 いま外はけっこうな勢いで雪が降っています。

以前なら降りしきる雪にワクワクしたものです。しかし、私は今「ああ、やっぱり降るよね。また運転しにくくなるなぁ。雪かき嫌だなぁ。」と思っています。

もし子どもたちが窓の外を見ていたら、いちばん上の子は露わには表情にださないでしょうが、真ん中といちばん下は声を上げて喜んでいるはずです。

大人の私から見れば「やっちまったー」と思えるような場面でも、いつも彼らは笑い転げています。

そんな彼らがなんだかとてもうらやましいです。

面白がる人は何でも面白い。何でも不満を持つ人は、どんなにお金があろうと不満だもんね

所ジョージ

お金はありませんが、近頃不満ばかり。
子どもたちを見習って面白がってみよう。最初は力づくだけど。

札幌の家庭教師ポプラ工房は、小学生から社会人までの学びをサポートいたします。無料体験学習実施中です。 → お問い合せ

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA