毎年この季節になると聴きたくなるのがマライア・キャリーのあの名曲です。

 ♪ All I want for Christmas is you

そして何故か連想ゲームのようにビートルズの次の曲も思い出してしまいます。

 ♪ All you need is love

そこで今回のテーマは洋楽の歌詞や映画のセリフでよく見る <All S V is 〜>です。

 

作家マーク・トウェインの名言より

 All you need in this life is ignorance and confidence, and then success is sure.

人生で必要なものは無知と自信だけ。これだけで成功は間違いない。

今回は海外ドラマや映画のセリフではなく、「トム・ソーヤの冒険」の作者で知られるマーク・トウェインの名言から引用しました。

前回の記事の最後でも引用しましたが、マーク・トウェインは心に残るたくさんの名言を残しています。

“無知”が成功の秘訣なんておもしろいですね。

マーク・トウェインはどのような意味を込めたのでしょうか?

All S V is 〜 のポイント

次の3つのポイントについて説明します。

  1. SがVするのは〜だけ
  2. 関係代名詞の省略
  3. is の後は原形不定詞

1. S が V するのは 〜 だけ

<All S V is 〜>を直訳すると「S が V するすべてのことは〜である。」となります。
そこから「S が V するのは 〜 だけ。」と訳します。
all は the only thing と置き換えることができます。
冒頭のマライアの歌を見てみましょう。

(1) All I want for Christmas is you. 
 私がクリスマに欲しいすべてのものはあなたです。
→ 私がクリスマスに欲しいのはあなただけ。

ビートルズの歌は以下のようになります。

(2) All  you need is love.
 あなたが必要なすべてのことは愛です。
→ 君が必要なのは愛だけ。
→ 愛こそはすべて(この歌の邦題)

have to, must, can を伴った形もあります。

 (3) All you have to do is study hard.
 君は勉強を頑張ってさえいればいいんだよ。

(4) All I can do is to be with them
 私にできることは彼らのそばにいることだけだ。

2. 関係代名詞の省略

(1) の骨格だけ取り出してみると次のようになります。

All  I want for Christmas  is you
  → All is you. / すべてのことはあなたです。

All は「すべてのこと」という名詞でありこの文の主語です。
この All を後ろに続く <I want for Christmas> が関係代名詞節となり All を修飾しています。
省略された関係代名詞を確認してみましょう。

All ( that I want for Christmas ) is you. 

3. is の後は原形不定詞

a)  All you have to do is to take a step.
b)  All you have to do is take a step.

君がしなければならないことは一歩踏み出すことだ。 

「一歩踏み出すこと」なので a) は不定詞の名詞的用法を使って take を to take としています。一方、b) はハダカの take が置かれています。to がついていませんがこれは原形不定詞という不定詞ですね。
ゆえに a) も b) もどちらも不定詞を用いて「一歩踏み出す」を「一歩踏み出すこと」にしています。
どちらも正しい英文ですが、b) の方がより一般的のようです。

無知でいいのか?

 All you need in this life is ignorance and confidence, and then success is sure.

人生で必要なものは無知と自信だけ。これだけで成功は間違いない。

私の敬愛する浜田省吾のDANCEの一節です。

知識がお前を閉じこめようとする夜

DANCE / 浜田省吾

知識があるばかりに固定観念に囚われ、新しいことを見落としてしまう。知識に縛られる、ということもあるのかもしれません。

でも、マーク・トウェインは”無知”という言葉で、本当に「何にも知らない」ことそのものを指しているのでしょうか?

そうなのかもしれませんが、私は、

自分が無知であることを知る 
→「無知だから学びたい!
→ 学ぶ
→ ”知っている”状態になる。

ということのような気がします。つまり “無知”が学びの行動を起こす原動力になるのではないかと思うのです。その力こそが成功の鍵なのではないでしょうか。

最後にアインシュタインの言葉を引用して終わりたいと思います。

最後までお読みいただきありがとうございました。

The more I learn, the more I realize I don’t know.
The more I realize I don’t know, the more I want to learn.
学べば学ぶほど、自分がどれだけ無知であるかを思い知らされる。
自分の無知に気づけば気づくほど、よりいっそう学びたくなる。

アルバート・アインシュタイン
にほんブログ村 教育ブログ 家庭教師へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA