学年末テストが終わった中学2年生へ

こんにちは。札幌の家庭教師ポプラ工房の山岸です。

中学生のみなさんはそろそろ学年末テストが終わって結果が帰ってくる頃ではないでしょうか。
思い通りの結果を出せた生徒も残念な結果に終わった生徒も立ち止まっている場合ではありません。
中2生のみなさんは春から受験生と呼ばれる学年に突入するのです。

学年末テストが終わってから新学年がスタートするまでの1ヶ月は新受験生にとって大切な時期です。
いつも同じことを書いている気もしますが、改めて家庭教師からアドバイス。

極うす問題集で中1、中2内容を一気!

例えば次のような問題集で中1、中2の内容を一気に復習してしまいましょう。

英語 (10日間完成 中1・2の総復習)

可能なら5教科全てをやるとよいのですが、難しければ英数だけでもやってください。
10日間完成とありますが、10日間でやる必要はありません

極うす問題集一気通しの最大の目的は、一気に通すことで心の安定と自信をつけることです。
受験生の難しいところは中3内容を学習しつつ中1、中2内容を復習しなければならないところです。
うすくサラッとではあっても一気通しはやった感が得られます。
このやった感を得ることで受験勉強に弾みがつきます。

問題集の基本的取組み方は次の通りです。
自分の好みのやり方があればそれで構いません。

  1. ノートは半分に折り、左半分に解いていく。
  2. まずは参考になるものは一切見ないでとにかく解く。
  3. 解答をじっくり研究しながら丸つけ。
    • 間違えた答えの横に赤で正解を書かない。
    • 丸つけしながらテキストの問題番号横に次の3種類の記号を書いていく。
      ○ → 余裕で正解。1年後に解いても正解できる。
      △ → カンで正解、あるいはしばらく経ったら忘れて正解できないかもしれない。
      × → 不正解
  4. 丸つけが終わったらノート右半分に△と×の問題を解き直す。
  5. 3日後、1週間後、2週間後…. と全ての問題に○がつくまで2〜4 を繰り返す。

中1、中2の定期テストを全て解き直す!

もしこれまでの定期テストを全て取ってあるならば、解き直してみましょう。
極うす問題集一気の代わりになるかと思います。
問題集の基本的取組み方に沿ってやってみてください。アレンジしてももちろん結構です。

動画サイト視聴一気!

中1、中2の内容を動画サイトで一気もいいと思います。
机に向かうよりもハードルが低く、取り組みやすいかもしれませんね。
ちなみに宣伝になりますが、ポプラ工房の生徒たちには当社で採用しているICT教材の動画で復習してもらっています。

一気通しのメリット

極うす問題集一気、定期テスト解き直し一気、動画サイト視聴一気と「一気」を連呼してきました。
「そんなんで力がつくのか?」と思われる方もおられると思います。
はい。力はつきません。(もちろんゼロではありません。)
学ぶことはそんな安易なものではないですよね。
それでも私は、この時期には必要な事だと思います。

今まで行ったことのない場所に行くとき、遠く感じませんか?
でも、一度行ってしまえば初めてのときより近くに感じますよね?

人は未知のものに対して、不安と恐怖のあまり過大に評価してしまいがちなのではないでしょうか。
でも一度経験してしまえば、ある程度の「大きさ、広さ」を知る。
それが「強み」になるのではないでしょうか。

一気通しの最大のメリットは敵を知ることです。

受験生に最も必要なこと

最後に、受験生に最も必要なことをお伝えします。

受験生に必要なこと。
それは覚悟です。
自分の持てる全ての資源(=時間)を受験勉強に捧げる覚悟。
ゲームをする時間も、スマホをいじる時間も、何もかも全て受験勉強に捧げる覚悟。

受験は一生続くわけではありません。
SNSの付き合いが大切なのは分かります。
ゲームが面白いことも知っています。
それでもあえて言わせてください。
いま自分が最も欲しいものを手に入れるために
いま自分ができる最大限をしてください。
残念ながら「絶対合格」の保証はしてあげられないのですが。

52を過ぎたおっさんも諦めることなく自分の夢に向かって全力でやります!
だからみんなも頑張れ!


札幌の家庭教師ポプラ工房では新規生を募集いたしております。
90分の体験授業もございますのでお気軽にお問い合わせください。
こちらをクリックしてお問合せ下さい。


Posted by Michael