大地のように信じられるものが必要です

大地は踏んでも沈まない、壊れないと信じられるからこそ、

しっかり踏み締めてジャンプすることができる。

沈むかもしれない、壊れるかもしれないと、

びくびくしながらでは前に踏み出すことすらできない。

信じたところでこの世に絶対はないけれど、

それでも人には信じるに足る存在が必要である。

そして一番信じたい、でも一番信じられないのが自分という存在だ。

夏休みの計画は立てた。これまでの分を取り返すためにしっかりやるぞ。

でも…

これまでの自分を考えると、

きっちり計画通り頑張っている自分を想像することが難しい。

自分を信じられない。

そんな生徒は多い。

私もそんな生徒だった。

そんな私からそんな生徒たちへ2つのアドバイス。

それはスモールステップ伴走者

スモールステップは、小さな小さな「やった感」の積み重ね。

あっさり簡単に越えられるくらいの小さなハードルを設定して、

それを越えたら「よし、やれたぞ」と意識する。

夏休み全部やり続けるぞ!

ではなく、

とりあえず3日続けるぞ。

今日は6時間勉強するぞ。

ではなく、

今日は15分を3セットやってみるぞ。

これで小さな自信をつけたら

ステップを少しずつ大きくしていく。

伴走者とは自分を励まし促してくれる人。

少々子供っぽく聞こえるかもしれないが、

「5時になったら勉強始めるから一声かけて。」

のようなお願いができる人。

また、自分で設定したスモールステップをクリアしたら、

そのことを一緒に喜んでくれる人。

この2つでおそらく上手くいく。

大切な追加アドバイスが2つ。

まず、スモールステップは超簡単にクリアできることから始める。

そして「こんな小さなことできて意味あんの?」と思わない。

そもそも、「こんな小さなこと」もできていなかったのだから。

次に、伴走者の言葉は信じること。

せっかく一緒に喜んでくれているのに、

「ホントはこの程度のことで喜んじゃいないっしょ。」

なんて思わない。

そう思わないためにも心を許せる、信頼できる人にお願いすること。

以上。

Posted by Michael