陰極まれば陽に転ず

絶対静止は相対論が否定している。

誰から見ても何処から見ても止まっている状態なんてないと。

動中静あり、静中動あり。

動いていても静止している部分があり、

止まって見えても中では動いている。

陰極まれば陽に転じ、陽極まれば陰に転ず。

行き着くところまで行けば反対に向かうということ。

徒然草や方丈記などの古典に根底に流れる無常観。

常に変わらないものなどないということ。

どれだけ深い底にいようとも、

全く前に進めていないように見えても、

諦めさえしなければ必ず出口は見つかる。

そんなことを君に伝えようと思ったのさ。

Posted by Michael