何かあるとすぐにゴソっと本を買ってきて学ぼうとする私に、

生徒たちやご父母のみなさまは、

「先生は勉強がお好きなんですね。」

とおっしゃる。

しかし、それはちがう。

いったい誰が「勉めることを強い」られて喜ぶものか。

以前も書いたが、人間は本来新しい知識に触れることを

「快」と感じるはずなのだ。

ワクワクしないだろうか?

この世にはまだ自分の知らないことがわんさかあるのだ。

私はそれらを知りたくてたまらない。

知ったところでどうということもない。

だいたいみんな即物的な利益を求めすぎるのだ。

なんでもかんでも「物質的豊かさ」につながるかどうかの尺度で判断する。

物質的豊かさは絶対に必要だ。なければ生きていけない。心に余裕もできない。

孔子先生だって「衣食足りて礼節を知る」と言っているではないか。

でもそれだけ追っかけるからつじつまが合わなくなるのだ。

先日たまたま見たテレビに「キング」と呼ばれる男が出演していた。

彼は年収120億。欲しいものは大抵手に入る。まさにキングだ。

しかし、いったいあの暗い表情はなんなのだ。

(持たざる者の嫉妬だな。)

一方で、完全に電池が切れて帰宅したのに、

妻と深夜ニュースを見ながら交わす取るに足らない会話で

心が満たされるあの感覚はなんなのだ。

やはり「人はパンのみにて生くる者に非ず」なのだ。

(持たざる者の強がりだな。)

人は両輪必要なのだ。

一方の車輪だけが肥大化すると、

その場で円を描きながらクルクル回ってしまうじゃないか。

2件のコメント

  1. 車輪のように、バランスは本当に必要ですよね。
    新しい知識に触れ、ワクワクする時って
    宝物をみつけた、子供の時の気持ちに似ていると
    自分は感じます。
    このワクワクはずっと持ち続けていたいですよね[E:scissors]

    こーたん
  2. こーたんさん、いつもありがとうございます。
    直球勝負の学ぶ姿勢にお変わりありませんか?
    いつも応援しています。

    山岸

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA