北海道の高校入試では試験当日の点数(学力点)と中学校の成績(内申点)の2つで合否が決まります。
内申点は中1から中3までの5段階評価を元に計算されます。さらに内申点を20点ごとに区切ってランクを決めます。

内申点の計算方法

相関表を用いた合否判定

入試の合否は学力点と内申点を総合的に評価して次のように決まります。

(1) 学力点と内申点を同等に評価      → 定員の70%
(2) 学力点を重視して評価         → 定員の15%
(3) 内申点を含む個人調査票を重視して評価 → 定員の15%

これは縦軸に内申ランク、横軸に学力点をとった相関表を用いると次のように表されます。(一例として)

色のついたエリアに入れば合格です。

(2)と(3)の場合、重視する比率やどちらの選抜を先に行うかは各高校によって異なります。