Just do it! 2

投稿者: | 2019年11月20日

こんにちは。ポプラ工房の山岸です。

先日、子どもたちと一緒に綾瀬はるか主演の「本能寺ホテル」を観ました。正直なところ綾瀬さんの芝居が上手いとは思わないのですが、なぜか彼女の映画は観てしまいます。昔の教え子にそっくりだからでしょうか...?

ストーリーは、よくあるタイムリープ物です。自分を持たず周囲に流されて生きてきた現代の女性、 倉本繭子が、”本能寺の変”前日の戦国時代にタイムスリップし織田信長に出会います。二人が石段に腰掛けて京の町を見下ろしながら語り合っているときの信長のセリフが印象的でした。信長に”やりたいこと”を聞かれた繭子は、信長のような大きな夢はないと答えます。それを聞いた信長は「やりたいか、やりたくないか。やるか、やらないか。」だけが大切で、自分のやりたいことに大きいも小さいもないと語ります。

人と比較すること、人の評価を気にすることのなんとバカバカしいことか。自分のやりたいと思ったことを精一杯やるだけ。
信長のメッセージは少し卑屈になりかけていた私の心に強く響きました。

札幌の家庭教師ポプラ工房は、小学生から社会人までの学びをサポートいたします。無料体験学習実施中です。 → お問い合せ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA