伝えたい思いは溢れるのに…

私には「この曲を聴くとこの生徒を思い出す」という曲がいくつかある。

浜崎あゆみの「No way to say」、リンキン・パークの「Figure.09 」、

絢香の「三日月」、BUNP OF CHICKENの「花の名」など。

たいていの場合、これらの曲を聴くと切なくなる。

彼らの力になれなかったからだ。

彼らはそれぞれ問題を抱えていた。

思い通りに生きられない苦しさの中でもがいていたり、

両親との確執があったり、

DVに苦しんでいたり。

今でも連絡を取り合ったり、会ったりする生徒もいるけれど、

あれっきりになってしまった生徒の方が多い。

家庭教師のできることなんて限定的だ。

彼らが今、幸せであることを願わずにはいられない。

Posted by Michael