中庸とは、極端ではない、偏らない、過不足がない、そんな状態を意味する言葉である。

東洋思想の大御所である孔子、西洋思想の大御所であるアリストテレス、それぞれが説いている。

人間の生き方としては最高の生き方のようだ。

心と体の健康のためにも間違いなく中庸がいい。

しかし、それは無理というもの。

偏ったものの方が刺激的だし、人間は刺激を好む生き物ではないだろうか。

暑い夏にはキンキンに冷えた飲み物がいい。

福山雅治がビールをごくごく飲んで、

「クァ〜!やっぱりビールは人肌!」

とかやっても絶対売れないだろう。

だから私は「メトロノーム的中庸」でよいのではないかと思っている。

メトロノームは左右均等にカチカチ触れる。

結果、プラスマイナス0だ。

平均してみれば真ん中だ。

これは、冷たいビールの後で沸いたビールを飲めという意味ではない。

まずくて飲めたものではない。

たとえどちらかに偏っても、戻って来ればいい。

常に中庸であり続けることなんてできない。

必ずどちらかに振れてしまう。

でもそのことにバツをつけるのではなく、

偏りに気づいて真ん中に戻せばいい。

先日書いた「陰極まれば陽に転ず」だ。

そう考えた方が心穏やかでいられる。

今日も安心して冷たいビールが飲めるというものだ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA