「問題をよく読め」と言われても

問題文の指示と違う答え方をして間違えてしまう。

「適さないものを選びなさい。」という問いに、適するものを選んでしまう。

「書き抜きなさい。」という問いに、自分の言葉で書いてしまう。

「2つ選びないさ。」という問いに、1つだけしか選ばない。

「化学式で答えなさい。」という問いに、物質名を書いてしまう。

例を挙げていけばキリがない。

このようなことが起こる原因は様々あり、アドバイスも様々ある。

「問題をよく読みなさい。」がもっとも多いアドバイス。

でも、これほど虚しいアドバイスはない。

なぜなら彼らは問題を読んでいるから。

読まずに解き始める豪気な生徒はそうそういない。

問題は読んではいるけど上滑りして脳に届いていないことだ。

私は生徒たちに、

「いま、ここ」に意識を向けること

と伝えることが多い。

前と後を断ち切って、いま目の前にあることだけにフォーカスする。

問題を読みながら解く作業に入らない。

問題を読みながら時間を気にしない。

問題を読みながら次の問題を気にしない。

など。

いま目にしているものにしっかりと意識を向け頭に届ける。

言うは易し。つまらなくてありふれたアドバイスかもしれない。

でもこれがなかなか難しい。

ひとつのことにじっくり腰を据えて向き合うことが難しい時代。

モノの量と更新のスピードに脳がヘトヘトだ。

どれにする?どれがいい?これもあるよ。あれもあるよ。

と、毎日急かされては落ち着いて考える暇もない。

だから、せめて学んでいるときくらいは

いま目の前のことだけに意識を向けじっくり味わいたい。

「目の前の問題に意識を向けよう」と意識する。

急くと呼吸が止まったり浅くなったりするので、ゆったりと息を吐く

線を引いたり印をつけたりして視覚化する。

これだけで冒頭のようなミスは減るはず。

試して効果があったら、感想をお聞かせください。

Posted by Michael