私の1冊目は、カゴから逃げたインコの話でした。

こんにちは。札幌の家庭教師ポプラ工房の山岸です。

ペーパーバックを読んでいると「やっぱり日本の本の紙質はいいなぁ」と、毎度思ってしまいます。
ペーパーバックの紙質はかなり悪いです。
すぐに日焼けします。
すぐに劣化します。
これじゃ古本としては売りにくいぞ。
だからブックオフではペーパーバックを見かけないのかな。
(ペーパーバックを売っている古本屋さんをご存知の方、ぜひお教えください。)

それでもやっぱりペーパーバックを読むのは楽しいです。
翻訳されたものは、やはり翻訳者のテイストと日本語のテイストが加わります。それはそれでもちろん面白い!
でも作者が書きたかった表現をそのまま感じたければ原書を読まねばなりません。(ダジャレなんかは絶対に訳せないですよね。)
ただし、超えなければならないハードルがあります。
そこそこの努力をしなければなりません。
でも、苦労をしても余りある喜びが得られること請け合いです。

「僕、私にはまだ無理。早い。」
そんなことを言わずに、まずは語数制限のあるレベル別になったシリーズはどうでしょうか。
ペンギンリーダーズ、ラダーシリーズ、オックスフォード ブックワームなど。
ネイティブの幼児が読む絵本から始めてもいいですね。(私はここから始めました。)

うすーい、ぺらぺらの超簡単なものから始めましょう。
わからない単語があっても、辞書なんか使わずにガンガンいきましょう。
まず何より大切なことは、

「おお、英語の本を1冊読んだよ!」

という満足感です。読んだ気になることです。
テストじゃないんだから、理解なんて二の次三の次!
では。書店の洋書コーナーで会いましょう。

札幌の家庭教師ポプラ工房では生徒さんを募集いたしております。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA