私の生徒たちの中には、ある事柄にこだわったり追求したり集めたりしている生徒がいる。

少し前、日清のどん兵衛に異常なこだわりを持つ生徒がいた。

どん兵衛が大好きな彼女はほぼ毎日食べていたようだ。

美味しい食べ方を追求し、

さまざまな食べ方を試した彼女がたどり着いた

至高の方法がある。

それは「水戻しどん兵衛」と「10分どん兵衛」だ。

いまでは比較的ポピュラーな方法のようだが、

彼女はそれらをずっと前からやっていた。

いまでもやっているのかな。

現在担当している高3生の男の子はスイカの食べ方にこだわりがある。

それは「スイカの皮も食べること」だ。

いや、むしろ皮の方が好きなのかもしれない。

皮とは内側の薄い緑色の部分ではなく、

緑と黒の模様の入った外側の、正に”皮”のことだ。

彼に言わせると「パリパリしていて美味しい」らしい。

試してみたが….。

歯を痛めないように楽しんでほしい。

他にも、「靴はTimberlandしか履かない。」「部屋には机以外置かない。」「自称ミリタリーオタク」「クワガタの研究とブリーディング」などなど。

いずれも半端なこだわり方ではなく、尊敬に値する。

彼らの話は本当に面白く、何時間でも聞いていたくなる。

話の中身が面白いこともさることながら、

話している彼らを見ることが楽しい。

キラキラした目で嬉しそうに話してくれるのだ。

自分の好きなことは聞いて欲しいし、共有して欲しいのもだ。

楽しい話を聞かせてくれたお礼に、

私は楽しい数学、楽しい英語を教えようではないか!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA