先日、妻が前職場の集まりで娘を連れて出かけた。

残った男チームは息子のリクエストで久しぶりに花ゆずきに行った。

いやー楽しかった。

風呂からあがりザルそばを食べていると大画面のTVで野球をやっていた。

日本 vs 韓国戦、3度目の対戦だ。

まるで家族でテレビを見ているかのように、

その場いた皆で手を叩きながら観戦していた。

そのときだ。

身の毛もよだつ光景を目にしたのは。

私たちの座っている隣のテーブルに母親と小学5年くらいの男の子の

ふた家族が食事をしていた。お友達同士なのだろう。

その二人の男の子が、黙々とDSをしているのだ。

お湯でほぐれた体、おいしいそばを食べて膨れたお腹、

ヒザの上にノッかった息子の体温、そしてみんなで盛り上がるWBC観戦。

そんな中で半開きにした口を歪めながら黙々とDSに興じる二人の小学生。

最近ではすっかり見慣れたとはいえ、それはとても恐ろしい光景だった。

私はすぐに目を逸らした。悲しくてとても見てはいられなかったのだ。

大学生時代のほんの一時期だがゲームにハマッたことのある私だ。

ほぼ1週間、食事とトイレ以外の時間、ゲームをやり続けたこともある私だ。

ゲームの面白さは知っている。

でも。でもね。

お友達と、お友達の家族と一緒にお風呂に入りに来てまでゲームかい。

お話ししようよ。じゃれ合おうよ。ケンカしようよ。

時の流れは一方通行。人は後戻りはできない。

一度手に入れた快楽は決して手放せないのが人間だ。

さて。私はこれからどうすればいいのだろう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA