私も辛抱強くなりました...でもないか。

ある方との会話の中で、

「気候のせいでしょうか、喘息の息子がヒューヒュー、ゼーゼーと苦しそうです。」

と私が話したところ、

「ヒュー[E:up]ヒュー[E:up]」

と茶化した。

怒りで頭に血が上ったが、何とか自制。

立派な立場の方で、子どもたちからの信頼も厚い。

私は心の中で、

(子どもを持ったことがない人だから、分からないんだろうな...)

つまらないことなのだろうが、いまだに怒りが収まらない。

息子は昨日も夜中にコンコンやっていた。

新年度、笑顔でその方と仕事ができるだろうか...。

Posted by Michael