悩んでいるのは生きている証

仕事や人間関係で行き詰ると連絡してくる卒業生が何人かいる。

苦しいときに私のことを思い出してくれる、それがとても嬉しい。

でも大したことは出来ないし、気の利いたことも言ってあげられない。

ここでもやはり無力なのだ。

今日、そんな卒業生の一人と会ってきた。

私自身、この数ヶ月は行違いや思いが伝わらないことが多かった。

今日もそんな一日だった。

だからいろいろ考え、読み、見た。

そんな中で感じたことを彼女に伝えた。偉そうに。

話しているうちに、やっと気づいた。

励まされているのは私の方だと。

まったくイヤになる。

「ありがとう」を言われたが、

「ありがとう」が言えなかった。

Posted by Michael