コウさんが好きです。

いま話題の「食堂かたつむり」を読んだ。

ストーリーに興味を持ったからではなく、

柴咲コウの主演で映画化されるから手に取った。(すみません。)

小説としては非常に稚拙で少々ツライ。(すみません。)

しかし、一つ二つ印象的な表現があったこと、

また、「人にとって『食』とは何か?」を考える契機になったという点で

読んでよかったと思っている。

他の尊い命のお蔭で人は命をつなぐことが出来るのだ。

そのことを時々は思い出し、感謝しよう。

Posted by Michael