利害関係のその先に

たとえばスケートの選手があるコーチに師事したとしよう。

コーチは自身の指導プログラムで選手を指導していくはずだ。

また、選手はそのコーチの指示に従って練習をするはずだ。

ある程度選手側からの提案はあるだろうが、

基本的にはコーチのプログラムに従うだろう。

その関係が成り立つためには、共通の目標と互いに対する信頼が必要だ。

コーチは選手の中にある「可能性」を信じ、

選手はコーチの指導が自分の「可能性」を引き出してくれることを信じる。

もしもコーチが選手を信頼せず、また選手がコーチの指示に従わなければ、

その関係を継続することに意味があるだろうか。

 

指導者は最後まで選手を信じぬかなければならない。

そしてそれを受ける選手には素直な心が求められる。

「なあなあ」は許されず、ある意味厳しい関係だ。

親子関係とも友人関係とも異なるこのつながりを

私はとても素敵な関係だと思う。

Posted by Michael