苦しいときの生徒メール頼み

もう何度も繰り返しているのだが、

しんどい時に限って生徒や元生徒たちがメールを送ってくれる。

今日もそうだった。

彼女は毎回書いてくれる。

私が伝えたこと、教えたことがいまの支えになっていると。

そんな言葉をもらう資格があるのだろうか?と、こちらも毎回自問自答する。

しかし、その一方で「もう一度、明日からがんばってみよう。」と励まされるのだ。

本当に本当にありがとう。

国家試験にパスしたら、今度こそ我が家で祝賀パーティーやるからね!

Posted by Michael