土曜の夜はいつも妻に付き合ってもらって酒を飲む。

テレビを見たり、話をしたり、笑ったり。

妻は話にリアリティーを求める。

ジェスチャーを交えることはもちろん、

時には立ち上がり、踊り、私の腕をひっぱたり叩いたりしながら、

夜中にしては少々大きなボリュームでその日あったことを私に聞かせてくれる。

私は彼女のことを「アクション女優」と呼んでいる。

私は私で、「一度口を開いたならば、必ず笑いをとる。」を信条としているため、

「少し盛りすぎだな。」と思いながらも「面白ければ何でもいい。」を優先させる。

時々、隣で寝ている子どもを起こしてしまうほどうるさい。と思う。

近所迷惑だろうか?

昨日の夜は妻が熱を出し、先に休んでいたため、

「ミッドナイト演芸会」は休演だった。

私は一人晩飯を済ませると、部屋でバーボンを飲みながら本を読んでいた。

しかし、いまいち物足りない。

そこで何を思ったのか YouTube でポップダンスやロボットダンス、

アニメーションダンスの動画を見ながら一緒に踊ってみたのだ。

中3の学祭でやった「フラッシュダンス」(ジェニファー・ビールス主演)、

高1の学祭でやった「フットルース」(ケビン・ベーコン主演)の影響で

ブレイクダンス、ロボットダンスを見るのが好きなのだ。

(当時はちょうど洋楽、MTV、ブレークダンスがブームだった)

いろいろな動画を見ているうちに、とても人間業とは思えない動画を発見した。

 この動き、もう人間じゃない…世界中で絶賛されまくりのロボットダンス

必見。感動すること請け合いだ。

汗だくになりながら見よう見まねで踊っているうちに、ふっと我に返った。

客観的に見ると、かなり「イタイ」人だ...。

汗を拭き、着替え、布団に入り、再びミステリーを読み始めたのだった...。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA