いまだ道半ば

生まれたばかりの子どもと対面したときの

親の願いは一つではないだろうか。

「元気に育ってほしい。」

しかし、いつしかその気持ちを忘れ去る。

そして、あれもできるように、これもできるように、

と子どもたちの上にのしかかり、しばりつける。

先を生きるものとして、親は子にアドバイスをする。

しかしそれは「アドバイス」であって「指示」や「命令」の類ではない。

子どもの人生は子どものものだ。

私たちのものではない。

命に対する慈しみと、畏れと、感謝の気持ちを持って

子どもたちに接することができればなぁ。

なかなか親として成熟できないでいる。

Posted by Michael