昨日、春から大学生になる生徒と食事をしてきた。

彼と会うのはおよそ5年ぶり。

彼のことが分かるだろうか?

私の方はまるで変わっていないので、彼の方で見つけてくれるだろう。

待ち合わせ場所に先に着いた私は、少し緊張しつつそんなことを考えていた。

「先生、お久しぶりです。」

という声に顔を上げると、そこには背の高い、いかにも聡明そうな青年が立っていた。

心底驚いた。

私の知っている彼は、まだ幼さの残る小柄な少年だったからだ。

5年でここまで変わるものか。

彼の過ごしてきた5年は、中身の詰まった濃いものだったに違いない。

理知的な話し方、両親への感謝の気持ちや思いやり、そして私に対する心配り。

素敵な青年になったものだ。

 

数日前、彼のお母様から、大学合格の知らせが届いていた。

そこには、彼が将来教員を目指していることも書かれていた。

私はちょうど、Pay it Forwar Project を実行に移そうと考えいたときだったので、

お祝いの言葉と、プロジェクトの内容を少しお伝えしたのだ。

それが彼の耳に届き、また、協力を申し出てくれることを期待して...

しばらくして、今度は彼から直接メールが届いた。

そこには「ゆくゆくは、先生の夢のお手伝いもできたら...」とあった。

いえいえ、今すぐ手伝ってください!

 

食事をしながら私は彼にプロジェクトの話をした。

彼が教員を目指していることもそうだが、

直接会って一瞬で感じた。

このプロジェクトには彼のような存在がどうしても必要だと。

これで人材はそろった。

さあ、動き出すぞ。

と、まずは部屋の掃除だ...。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA